みそ活*体の声

自分と繋がる

お味噌づくりに行ってきました。
冬に仕込む印象が強いけど
一年中できるのだそう。

 

 

味噌は医者いらず
昔から言われている言葉です。

 

調べれば調べるほど優秀なのがわかる。
放射性物質を除去する味噌の効用、
発がんを予防する味噌の生理作用
なんてのも研究発表されているみたい。

 

美容にもいいし・・・。

 

 

1日何杯食べたらいいのか?
質問して返ってきた答えは
「それは自分でわかる」のだそうです

 

 

今日無性に味噌汁が食べたくなって
沢山作ってお昼に食べた。
美味しくってお代わりして
3杯目の途中で
急に「もうイラナイ、十分」って思った。
急にしょっぱくも感じた。

 

 

ほんと、自分の体がよく分かっている。
その時に美味しく感じるもの、食べたいもの
それは自分自身が求めていて
本当は食事のタイミングも人それぞれなんだと思う。

 

 

それを皆一緒に
同じように朝昼晩
同じような時間に食べて
これは1日にこれだけ食べた方がいい、とか

 

 

自分の体の声から遠ざけて
自分と繋がる事から遠ざけて
言う事を聞く人を育てるような
命令に従う人間になるような
そんな社会になっていたのかな?

 

 

美味しい~♡と思うだけ
お味噌汁を食べた後は
お腹を下してしまった。
デトックスしたみたい。

 

 

お味噌を作ってる時は
汗だくになって皆で集中して
途中赤ちゃんがタライの中に入ったり。
常在菌を入れられるようにしたり。
麹の香りを沢山吸ったり。

 

 

工程や過程が愛おしくて
出来上がりの味噌が楽しみすぎるのです。
こうして手前味噌が出来るのね。

 

 

お味噌には熟成してもらって
4か月後から食べられるみたい。
楽しみだな。

Follow me!

コメント